【水道局指定工事店】沖縄のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「おきなわ水道職人」 » DIYで綺麗にできる!キッチンシンクの徹底掃除

地元沖縄密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

DIYで綺麗にできる!キッチンシンクの徹底掃除

2021年11月01日 キッチンのお掃除


キッチンシンクの油汚れは深刻です。
ほかにも黒ずみや水垢など、キッチンシンクの汚れは続々と現れます。
普段の掃除では完全に綺麗にできない!と感じたら、たまには徹底的に掃除をしてみませんか?

市販のキッチン用洗剤を駆使するのも効果大ですが、小さなお子さんがいたり、肌が弱かったりすると少し不安になりますよね。
そんなご事情の人におすすめしたいのが、アルカリ性の自然成分でできた重曹やセスキ炭酸ソーダです。

キッチンシンクの汚れはどんな性質?

キッチンシンクは料理の食材カスや油汚れが溜まりやすい上、三角コーナーを使っているご家庭ならその部分から出る水分も気になります。
汚れや水分をエサにして雑菌が繁殖し、キッチンシンクの宿命ともいえるぬめりが出やすい状態に。

ぬめりはそのままにしておくと、さらに雑菌が繁殖します。
最終的には黒カビになり、衛生面や健康面でかなり不安な環境になってしまうでしょう。

ぬめりから始まるキッチンの汚れの数々は、油汚れ、食材から出る汚れ、食器洗いで出た洗剤の汚れ(せっけんカス)など、そのほとんどが「酸性」の汚れです。
キッチンの汚れで「アルカリ性」にあたるおもな汚れは水垢が代表格ですが、そもそもアルカリ性の汚れはあまり出ません。

キッチンシンクを徹底的に綺麗にするときは、まずは酸性の汚れを落とすところから始めたほうが効率的でしょう。

そこで役に立つのが「アルカリ性」の物質です。
重曹やセスキ炭酸ソーダはまさにアルカリ性の物質で、キッチンシンクをはじめとした水回りの掃除で重宝されている存在です。
価格も手頃で、なかには100円ショップで購入できるものもあります。

アルカリ性の物質や洗剤は、酸性の汚れを落とすときに大きな効果を発揮します。
キッチンシンクで重曹やセスキ炭酸ソーダを使って掃除をすることは、効率的に汚れを落とせる理にかなった選択なのです。


【2つの違い】アルカリ性の強さと特徴に注目

重曹とセスキ炭酸ソーダは似ている物質です。
重曹のほうがPH値は低く、高い洗浄力を期待するならセスキ炭酸ソーダが向いているという声もあります。
PHとはアルカリ性の強度を示す数値の単位で、重曹は8.2、セスキ炭酸ソーダは9.8を計測することができます。

「アルカリ性の強度が高いほうが汚れに強いのでは?」と考えるのは当然です。
重曹ができることはセスキ炭酸ソーダでもほとんどこなせます。

ただ、やはり違う物質ですので、それぞれに特徴があります。
汚れや使いたいシーンによっては、PH値の低い重曹のほうが高い効果を発揮するケースもあるのです。

・水に溶けやすい、溶けにくいという差
お掃除方法によっては、重曹やセスキ炭酸ソーダを水に溶かして使いたいときがあるかもしれません。
水に溶かして広範囲にスプレーをする使いかたもあります。
そんなとき、水への溶けやすさが関係します。

セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすく、スプレーを作ったり、浸け置きすることに向いています。
黄ばんだ食器も浸け置きであっという間に綺麗になるのが嬉しいものです。

いっぽう、重曹は水に溶けにくい性質です。
スプレーや浸け置きにはあまり向いていません。
しかし、「少ない水で練ってクリーム状にする」ということができるのは、水に溶けにくい重曹の性質ならではです。

クリーム状にした重曹は、クレンザーのように使うことができます。
ガス台の五徳の焦げ取りをしたいのなら、たわしにつけてゴシゴシこすれます。
また、頑固な汚れを覆うように貼り付けて、汚れの成分をじっくり分解したいときにもぴったりですね。


クエン酸との相性は?

重曹といえばクエン酸です。ふたつを使って発泡させ、汚れを浮かび上がらせる方法は、自然派の洗剤で掃除をする人の間では人気の方法です。
セスキ炭酸ソーダは重曹でできることが大抵こなせますが、重曹の代わりにクエン酸と一緒に使って良いものなのでしょうか。

重曹とクエン酸で掃除がはかどる理由は、発泡する力が強いことにあります。
その発泡で汚れを浮かび上がらせるのです。
発泡が強いほうが掃除に効果的であるといえます。

セスキ炭酸ソーダは重曹よりも発泡力が弱いため、重曹のときのような勢いのよさは期待できません。
クエン酸と合わせて使うのなら、重曹のほうが向いています。

ただ、発泡しないというわけではありません。
セスキ炭酸ソーダの発泡力でも、軽い汚れならしっかり浮かび上がらせることができます。
汚れの度合いや手元に重曹があるかどうかで、セスキ炭酸ソーダとクエン酸の同時使用を検討してみるとよさそうですね。


キッチンシンクのお悩みもご用命を!水道修理業者がサポートします

おきなわ水道職人は、那覇市、浦添市、糸満市、うるま市、宜野湾市、名護市、豊見城市など、沖縄県内の複数の地域へ出張対応するプロの水道修理業者です。

キッチンシンクをはじめ、水回りのお悩みや疑問、対応方法など、何でもお任せください。
24時間いつでも受付可能、365日年中無休でお伺いしております。
必要なときにはお気軽にご用命ください。


沖縄のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おきなわ水道職人(沖縄水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おきなわ水道職人(沖縄水道職人) 0120-492-315

おきなわ水道職人(沖縄水道職人) 0120-492-315