【水道局指定工事店】沖縄のトイレつまり・水漏れ修理なら「おきなわ水道職人」 » キッチンの水道管から濁りのある水が出た場合について

地元沖縄密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの水道管から濁りのある水が出た場合について

2021年02月24日 キッチンのトラブル
おきなわ水道職人6

濁りのある水とは具体的にどんなものなのか?

自宅キッチンの水道管から、濁った水が出たことはありますか?なかには「濁っている」という判断ができていない場合も、もしかするとあるかもしれません。しかし、水は体内に入るものですのでできるだけそういったことは避けたいものです。まず、濁りのある水とはどんな様子の水なのか、例を挙げて説明いたします。

1つ目に、水を出し続けていても白く濁ったまま変わらない場合です。これは、水道管の老朽化が原因であることが多く、亜鉛や鉄などが水に溶けてしまっていると考えられます。ただ、一時的に白く濁った水が出るだけであれば問題はなく、工事の影響などで水流が変化し、気泡が発生したことが原因の可能性もあります。異常な場合であれば、臭いも気になる状態ですので、そういった部分も判断材料とするとよいでしょう。

2つ目に、水がしっかりと赤茶色に濁ってしまっている場合です。この状態になってしまうと、既に水道管に泥や錆などが入り込んでしまっていると考えられます。集合住宅であれば、建物の貯水タンク内で起きている別の問題の可能性もありますが、1つ目同様、濁った状態が続く場合は対処が必要になります。

これらのほかに、黒や青に濁った水が出る場合もないとはいえません。水道管に付着していた二酸化マンガンが水道水にも残ってしまうことがあり、塩素と反応して黒く水を濁らせます。また、青く濁る場合は、銅が使用された給湯器の劣化により、溶け出してしまった銅が原因となっていることも稀にあります。どちらも早めに業者に相談することが大切です。

実際に濁った水が出た場合はどうすればよいか?

前述の白い水が出続けてしまう場合は、原因である老朽化した水道管を交換する必要があります。同様に、お湯を出した時にも濁っていれば、原因は給湯器の可能性もあります。その際は、業者による湯垢や汚れの除去作業を含め、故障が起きていないかの点検なども必要です。

また、赤茶色の水が出る場合、原因となっている水道管を確認するなど含め、水道局での対応が可能です。ただ、貯水タンク内に異物があるなどの問題が発生している可能性もあるので、そうなると業者の作業が必要でしょう。どちらにせよ、しばらく水を流し続けて改善するかを試してみて変化がないようであれば、お気軽に弊社などの業者へご相談ください。しかし、状況によっては自宅内にある配管のやり直しが必要なこともあるので、しっかりと見積もりから確認することが大切です。

なお、自宅内の一箇所のみではなく、何箇所からも同じような濁った水が出る場合、水道管そのものに原因があるという判断になることもありますが、お住まいの地域によっては排水管の老朽化などで修理では直らないケースもありえます。その場合は行政の対応が必要とはなりますが、ご家庭でできる対処法としては、市販の浄水器の取り付けで十分改善が見込めるでしょう。

基本的に、鉄製の水道管は15~25年で内側が老朽化し、ボロボロになっていきます。そのため、水道管の錆などが気になる方は、長期的なメンテナンスとして配管の修理や交換を業者に相談することをおすすめします。

普段からできる対策や予防はどんなこと?

では、こういった状況になる前に普段からできる対策として、蛇口の「ストレーナー」と呼ばれる部分の洗浄があります。このストレーナーとは、水量調節弁をマイナスドライバーで締めてからローレット部分を取り外すと出てくるもので、ゴミや汚れを分離させる役割を持っています。

しかし、メンテナンスを怠ると、この部分に溜まった汚れが水に溶けてしまい水が濁る、という構造なのです。そのため、取り外したストレーナーに詰まっている汚れやゴミを小まめにブラシなどで洗い流すだけでも、かなりの効果が得られるでしょう。

また、市販の錆び取りフィルターを取り付けることも簡単に行える有効な対策です。フィルターによって濁りの元となる色をつけている成分を吸着することもできます。浄水器も同じような役割を果たしますが、同様にひどい状況の場合は浄水器を故障させてしまう原因になりえるため、注意が必要です。

まとめ

キッチンの水道管から起きる水の濁りのトラブルは、ほとんど自力での解決が難しいです。そして、素人作業でなんとかしようとすると、必要な道具をそろえることも大変ですが難しい作業には間違いないため、水漏れを起こすなど、取り返しのつかないことになる可能性もあります。衛生状況が非常に重要な場所ですから、異変に気付いた時はすぐプロに相談することをおすすめします。

おきなわ水道職人は、那覇市、浦添市、うるま市など沖縄本島で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽におきなわ水道職人にお問い合わせください。

沖縄のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おきなわ水道職人(沖縄水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おきなわ水道職人(沖縄水道職人) 0120-492-315

おきなわ水道職人(沖縄水道職人) 0120-492-315