沖縄のトイレつまり・水漏れ修理なら「おきなわ水道職人」 » 洗面所のトラブルの対応は?蛇口から水漏れを見つけたら

沖縄 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所のトラブルの対応は?蛇口から水漏れを見つけたら

2021年01月29日 洗面所のトラブル
おきなわ水道職人11

水漏れはどこから起きても困ります。
洗面所の蛇口からも同様です。
もしかすると、蛇口以外からも水漏れが確認できるかもしれません。
そんなとき、自分でもできる効果的な対処方法があります。
水道修理業者を呼ぶ前にトライしてみましょう。

水漏れの場所と原因を突き止める

自分で修理をしようにも、水漏れを起こしている正確な場所と原因が分からなければ適切な行動ができません。
まずは水漏れの場所、原因を把握します。

1 蛇口から水漏れが起きている
蛇口を閉めてもポタポタと水が漏れてきてしまっている場合には、内部のパッキンの劣化や、蛇口そのものの劣化が原因になっている可能性があります。
内部パッキンの劣化、蛇口の劣化のいずれもパーツ交換が必要になります。

とくに蛇口の劣化は経年劣化が多いため、原因を突き止めやすい場所です。
蛇口の耐用年数は一般的に10年となっています。
今の洗面所・蛇口を使い始めて何年経っているかを考えると良いでしょう。

2 洗面所のハンドシャワーを使うと床下が濡れる
ハンドシャワーを零したわけでもないのに床下が濡れる場合には、シャワーヘッド、ホース、または蛇口そのものに問題が生じているケースが考えられます。
シャワーヘッドやホースの劣化による水漏れか、蛇口の劣化による水漏れかをしっかり見極めて対処を行いましょう。
いずれの場合も部品交換が必要になります。

また、これらの部分が原因である場合、最初は水漏れに気づかないことがあります。
洗面所の下にある収納ボックスに水が溜まるからです。
周辺や床に水漏れが始まる頃には収納ボックス内に水がかなり溜まっている可能性があり、いつ溢れ出て床下まで水浸しにしてしまうか分かりません。
マンション、アパートのような集合住宅なら階下に水が落ち、迷惑をかけてしまうこともあります。

洗面所にハンドシャワーをつけている人は、表立った水漏れがなくてもたまに収納ボックスを覗いてみると良いでしょう。
内部が濡れているようなら要注意です。

3 給水管、給湯管の接続部分から水漏れする
給水管や給湯管の接続部分からの水漏れも早めの対処をしておきましょう。
水漏れのトラブルのなかでは多いもので、その原因は接続パッキンの劣化や破損、接続しているナットの緩みがほとんどです。

ナットが緩んでいる場合は、締め直せば問題ありません。
しかし接続パッキンの劣化や破損が原因であれば、早急に交換をするべきでしょう。
不便であることに加え、水漏れが長く続くと水が当たっている周辺の床が腐食してしまう懸念もあるためです。

それぞれの修理方法

それぞれの修理方法は、個人でも対応できるものです。
しかしどうしても自分ではできないと感じたら、無理に作業を進めずに水道修理業者に依頼するのも賢い方法です。

1 パッキンや蛇口本体の交換
蛇口からの水漏れは、内部パッキンや蛇口本体の交換で対応できることがほとんどです。
家の外にある止水栓を締めて水が出ないようにしてから1つずつパーツを外し、パッキンや蛇口を交換します。
交換後は止水栓を開け忘れないようにしましょう。

2 シャワーヘッド、ホースの交換
洗面所のシャワーヘッドやホースの交換のときに気をつけておきたいことは、パーツの型番の確認です。
どの商品でも必ず取り付けられるというわけではないため、間違ったものを購入すると無駄になってしまいます。

交換は、やはり止水栓を止めてから行います。
重要なのは購入したパーツに添付されている説明書の手順や内容を優先することです。
今はインターネットでも交換方法を詳しく知ることができますが、最初はメーカーが推奨する方法を試みましょう。

また、シャワーヘッドやホースの交換は、人によっては難しい作業に入ります。
説明書を読んだり途中まで作業をした時点で無理だと思ったら、水道修理業者に相談してみるべきでしょう。

その際、既にパーツを購入していることを伝えると、スムーズなやり取りができます。
事前見積もりを取る業者が多いので、パーツ代の計算のためにも必ず伝えておきましょう。

修理するときに用意しておく道具

自分で修理をする場合、手元には部品のほかにも修理作業用の道具が必要です。
元々持っていれば問題ありませんが、なければ購入しておきましょう。
今だけではなく、先々も緊急時に役に立ちます。

・水栓レンチ(蛇口の取り外し)
・モンキーレンチ(ナットを締める)
・精密ドライバー(ハンドル調整を行う)
・ピンセット(細かい部品の取り扱い)

ホームセンターや通信販売で購入することができます。
また、最近では水栓修理に必要な道具をまとめてセットで売っているショップもありますので、大型通販サイトなどで検索してみて下さい。

おきなわ水道職人は、那覇市をはじめ名護市や糸満市、うるま市など、地域密着を目指しながら広い地域で水回りのトラブルに対応しています。
事前の無料見積もりやスピーディな出張で安心の修理をご提供致します。
ぜひお気軽にご相談下さい。

沖縄のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おきなわ水道職人(沖縄水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おきなわ水道職人(沖縄水道職人) 0120-492-315

おきなわ水道職人(沖縄水道職人) 0120-492-315