沖縄のトイレつまり・水漏れ修理なら「おきなわ水道職人」 » これはOK?それともNG?トイレの詰まりの対処方法

沖縄 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

これはOK?それともNG?トイレの詰まりの対処方法

2021年01月29日 トイレのつまり
おきなわ水道職人10
 
トイレが詰まってしまったときには何とか対処したいものです。
しかし中には事態を悪化させてしまう対処方法もあります。
対処方法としてOK、NGなものをそれぞれ知っておきましょう。
トイレを詰まらせやすいものについてもご紹介します。

落としたらすぐに拾うべきもの、少し待つべきもの

まず、「トイレにものを落としても慌てて流さない」ということを覚えておきましょう。
まずは落としたものを拾い上げるなど、適切な処置をする必要があります。
この処置ですが、落としたらすぐに拾うべきものと、しばらく待つべきものに分かれています。

1 落としたらすぐに拾うべきもの
すぐに拾うべきものとしては、「水に溶けない性質」のものです。
具体的には携帯電話やスマホ、子どものおもちゃ、ハンカチやライターといったものが挙げられます。

ほかにも生理用ナプキン、おむつ、おしりふきやペットシーツ・ペットのトイレ砂など、トイレで一時処理したいものも落としやすいので気をつけましょう。
いずれも水に溶けず、流すと必ず詰まりの原因になります。

2 落としてもしばらく待つと良いもの
落としてもすぐに拾わず、しばらく様子を見て良いものもあります。
これは「水に溶けやすいもの」と覚えておくと良いでしょう。
具体的には大量に使ってしまったトイレットペーパーや、流せるタイプのお掃除シート、トイレクリーナーです。

しかし水に溶けやすいと言っても、そのまま流すと詰まりやすいことも確かです。
大量に使ってしまったトイレットペーパーは全体が溶けるまで待ってから流すと良いでしょう。
お掃除シートやトイレクリーナーも同様です。

詰まりの原因になりやすい他のもの

意外かもしれませんが、食べ残しや嘔吐物をトイレに流すとトイレが詰まりやすくなります。
食べ物に含まれている油分は水に溶けないため、便器や排水管にこびりつき、結果として流れを悪くしてしまう性質があります。

できればトイレに捨てるのではなく、食べ残しは生ゴミとして処理しておきましょう。
嘔吐物はどうしてもトイレで処理せざるを得ないときが多いのですが、後で複数回水を流すと油分のこびりつきを最小限に抑えられます。

基本的にOK!詰まり対処方法

トイレが詰まってしまったらすぐにでも解消したくなります。
便器などを傷めない方法で対処が可能です。

1 ラバーカップを使う
スッポンと呼ばれることも多いラバーカップを使います。
便器の奥に当てて数回ほど押したり引いたりしましょう。便器内部の空気を動かし、詰まりを解消する方法です。

2 真空ポンプを使う
ラバーカップのように便器の奥に当てて使用します。
押し引きをするラバーカップとは違い、真空ポンプは引くだけの機能です。
引くことによってポンプ内に真空状態を作り出し、詰まりの原因となった異物を引っ張り出せる仕組みになっています。
水に溶けないものを詰まらせてしまったときにも役に立つでしょう。

3 バケツと水
トイレットペーパーなど水に溶けるものを詰まらせてしまったとき限定の方法です。
いったん便器内の水をバケツなどでくみ出して水位を下げ、そのあとに勢いよく少なめの水を流し込みます。
この方法は水が飛び散って周囲を汚す可能性があるため、緊急で詰まりを解消したいのにラバーカップや真空ポンプが手元にないときに限定しておいたほうが良さそうです。

これはNG!やってはいけない対処方法

ここからは、詰まりが起きたときにやってはいけない方法を解説します。
便器や排水管を傷める可能性にも繋がりますので注意しましょう。

1 熱湯を流す
詰まったトイレットペーパーなどを溶かすために水やぬるま湯を流す方法は有名ですが、熱湯を流すことはおすすめできません。
熱湯は便器を傷めたり、場合によっては割れてしまうこともあります。
流すときには水、あるいはぬるま湯にしておきましょう。
人肌程度に温まっていれば充分効果を発揮できます。

2 パイプクリーナーなどの薬剤
水回りの詰まりということで、キッチンやお風呂で使うパイプクリーナーが効果的だというイメージがあるのかもしれません。
しかしこの方法もNGです。
パイプクリーナーは食べカスや髪の毛などを溶かす成分でできています。
トイレの詰まりの原因になりがちな異物を溶かす効果は期待できません。
さらにトイレの部品を傷ませてしまう可能性もあります。

3 重曹とクエン酸
重曹とクエン酸もキッチンやお風呂の詰まりに有効ですが、やはりトイレの詰まりに効果的とは言えないものです。
パイプクリーナーと同様、トイレの詰まりの原因になりがちな異物を溶かすことはありません。
重曹とクエン酸を利用しても、詰まりには水と同様の効果しかないと考えられます。

ただ、トイレの汚れは綺麗になりますので、お掃除のときに利用すると良いでしょう。

おきなわ水道職人では、うるま市、浦添市、宜野湾市をはじめ、沖縄本土内に広く対応しています。
地域密着を目指し、日々丁寧な対応を心がけております。
トイレの詰まりはもちろん、水回りのトラブルはぜひご相談下さい。

沖縄のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おきなわ水道職人(沖縄水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おきなわ水道職人(沖縄水道職人) 0120-492-315

おきなわ水道職人(沖縄水道職人) 0120-492-315