【水道局指定工事店】沖縄のトイレつまり・水漏れ修理なら「おきなわ水道職人」 » 寒冷地以外でも起きる!水道管の凍結・破裂の対処方法

地元沖縄密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

寒冷地以外でも起きる!水道管の凍結・破裂の対処方法

2021年06月21日 水道管のトラブル


水道管の凍結や破裂は、寒い地域だけで起こるわけではありません。比較的温暖な地域でも、マイナス4℃を下回る気温になれば、多くの水道管でトラブルが発生します。また、出先や旅行先、帰省先などが寒い地域なら、水道管の凍結や破裂が考えられます。いざというときに備え、対処方法をチェックしておきましょう。

マイナス4℃以下は要注意!凍結・破裂にどう対処する?

普段は暖かい冬を過ごせる地域でも、予想外の寒波に襲われる年があります。マイナス4℃を目安に、水道管の凍結や破裂への対処を考えましょう。

凍結や破裂があっても水道修理業者を呼べば、トラブルが解消できるのは確かですが、同じ地域で同様のトラブルが複数件発生していると、依頼をしてもすぐに来られないことがあります。その間、自分で対処できる部分はできる範囲で応急処置しておきましょう。

1.水道管・蛇口が凍結している場合
水道管や蛇口が凍結しているとき、手軽にできる3つの方法があります。

1つめは「気温が上がるまで何もしない」というものです。これは、手抜きではありません。凍結が起きるのは、冷え込む夜から朝方がほとんどです。日が昇れば気温が上昇し、自然と凍結が解除され始めます。あまり急がない状況であれば、慣れない作業をするよりはこの方法がベターでしょう。

ただ、1日経過しても解凍する気配がないようであれば、やはり水道修理業者の対応が必要です。凍結しているということは水道管内部に溜まっていた水が氷になっており、体積が増えていることでもあります。

凍結が続くと増えた体積で負担をかけられた水道管が限界を超え、破裂してしまいかねません。水道管が破裂すると凍結よりも修理が大変になります。長期間の放置はせず、様子を見ながら解凍を待ってみましょう。次にご紹介する2つめの方方法と合わせると心配が減るかもしれません。

2つめの方法は、「家を温めて室温を上げる」ことです。水道管は家屋に接していたり、至近距離にあるものです。エアコンやヒーターを稼働させて家全体を温めれば、必然的に水道管も熱されるため、解凍が進みます。気温が上がればさらに水道管が温められますので、相乗効果で早めのトラブル解消が期待できます。

3つめの方法は、「水道管を温める」というものです。具体的にはドライヤーの温風を当てたり、お湯が沸かせるようなら50℃程度のぬるま湯を直接水道管にかけて解凍を促します。原始的な方法ですが効果があることは間違いありません。水道管にかけるお湯は必ずぬるま湯にしてください。沸騰するような熱いお湯は水道管を傷め、破損させてしまいます。

2.水道管が破裂した場合
凍結の度合いがひどく、体積が一気に増え、水道管が破裂してしまうこともあります。このとき、まず家の外にある水道の元栓を必ず締めてください。気温が上がって凍結が解消すると、破損した部分から水が漏れてしまうためです。

それからすぐに水道局指定工事店の水道修理業者へ連絡します。水道管が破裂すると修理や交換が必要になりますが、これは資格のある水道局指定工事店しかできない作業です。DIYが得意な人でも、無資格で水道管に関する修理・交換をすることができません。

水道管の修理や交換となると、費用面が気になってしまいます。安くはありませんが、加入している火災保険によっては特約で費用が賄えるケースがあります。賃貸住宅の人は賃貸管理会社や大家さんに確認してみましょう。

持ち家で住宅金融公庫から融資を受けている人は、融資条件の1つとして加入した火災保険を確認してみてください。「水道修理費用保険金」の項目があるはずです。最大10万円まで補償を受けることができます。水道管の破裂の修理・交換も、審査に通れば適用されますので、必ず申請しておきましょう。

水道管の凍結を防ぐ!寒さを感じたら事前に対策を

水道管の凍結は、マイナス4℃付近になると予想ができれば先回りして予防措置ができます。水道管に布や毛布を巻き付けるだけでも凍結しにくくなりますし、寝る前に蛇口を少し開き、細く水を出し続けるのも大きな効果があります。寒冷地では発泡スチロール、ポリエチレンのような保温性の高い素材でできた凍結防止の保温チューブで水道管を保護することも多く、先人の知恵を見習いたいところです。

給湯器内部に溜まっている水も気を付けましょう。やはり凍結の可能性がありますし、膨張からの破損も考えられます。水抜きボタンがあればそれを押すだけで終了です。水抜きボタンがなければ説明書をチェックしたり、メーカーへ問い合わせをしてみましょう。

水道管の凍結・破裂はすぐ対応を!水道修理業者にご依頼ください

おきなわ水道職人は、宜野湾市、沖縄市、名護市、糸満市、大宜味村など、沖縄県内の多くの地域へ出張対応する水道修理業者です。水道局指定工事店として誠実に営業しております。事前お見積もりは無料、お見積もり後のキャンセルもお気軽にお申し出頂けます。凍結の心配や水道管のトラブル、そのほか水回りのことならどんなことでもご相談ください。

沖縄のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「おきなわ水道職人(沖縄水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

おきなわ水道職人(沖縄水道職人) 0120-492-315

おきなわ水道職人(沖縄水道職人) 0120-492-315